メニュー

【商品こだわりメモ】商品ができるまで

【商品こだわりメモ】商品ができるまで

リシュマムデザイナーの
商品に込めたこだわり

きのした
 2019.11.12

こんにちは*

企画開発課の小さなリーダー、木下です。

 

 

きっと、会社イチ、笑い声が大きく。

きっと、会社イチ、小走りで素早いです。

今日も元気よく、チョロチョロと会社を走り回っています*

 

 

 

企画開発課のブログカテゴリは、

「商品こだわりメモ」

その名の通り、商品開発の秘話やこだわりをお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

お客様の声を“聴く”ということ

リシュマムは、子育ての雑貨を販売するお店です。

しかし私は、ママではありません。

 

開発をする人間がママではなくて、

子育ての商品を開発することができるのだろうか。

 

それでも私は、人一倍“赤ちゃん”が、大大大好きです!!

 

 

「こんな洋服着たら、絶対にかわいい!」

「可愛すぎる…どうしよう…!」

「写真のフォルダが赤ちゃんでいっぱい…!」

 

 

毎日、そんなことで頭がいっぱいです。笑

 

 

2年前の春、

本気で出産祝いの定番を考えました。

 

 

ママが本当に欲しい出産祝いって何だろう。

困ったとき、私たちが必ずするのは

“現役ママたちに聴くこと” なんです。

 

 

そうです。

ママじゃない私が考えても、答えが出るのに時間がかかってしまいます。

それならもう、本人に聞いちゃえばいい。

すぐさまアンケートをとると、

やっぱり人気なのは“スタイ”でした。

 

よだれが出る子も、出ない子も、

もらったら嬉しいベビースタイ。

そんな商品、作りたいなあ。

 

 

分からないなら、また聴いてみる

 

さて。

では、どんなスタイが欲しいだろう、ヒントが欲しい。

そんなとき必ずすること。

 

 

 

また、現役ママに聴いてみるんです。笑

 

 

 

また!?と思われるかもしれませんが

これが一番間違いないんです*

 

 

次に聞くのは、ママだけじゃなく現役保育士さんにも聞いてみよう。

日々、たくさんのお子さんと過ごす保育士さんは、また違った意見をくれるかもしれない。

 

 

…ということでやりました!

 

 

 

“子育てママと現役保育士さん100人にアンケート実施”

 

 

あれよあれよと、たくさんの人を巻き込んで行ったアンケート。

 

 

そしたらありました、ヒント。

 

 

数あるアンケートの中で、いつも大事にしていることは

実は、“多数派”ではありません。

キラリと光るヒントを探ります。

 

 

その時、とっても光って見えたのが

「タオルにゴムを通した即席スタイを使ってます、便利ですよ」

という、保育士さんの意見でした。

 

 

これだ!

ゴムで簡単に着脱できる便利なスタイを作ろう!

 

 

そう決まってからは、形にするのがとても速かったのを覚えています。

「スタイがくるくる回って、よだれをキャッチしてくれません」

→どの角度からもよだれをキャッチできるよう、ぐるりと360度にしよう。

 

「スタイをしていても、量が多いのか、お洋服にまで染みてしまいます」

→撥水生地との2枚重ねにして、染みるのを防ごう!

 

「冬場は、スタイが乾かず、洗い替えが多くいります」

「スタイがよくカビます」

→乾きやすいように、2層構造にしよう!

→布の重なりが多くならないように、縫い方を工夫してみよう!

 

 

 

そんなことの繰り返しでした。

ママと保育士さんの困りごとを

ひとつひとつ解決するように。

 

 

 

チームで形にしていく

縫い方は、工房の佐藤リーダーをはじめとしたスタッフが

何度も試行錯誤をして数々の工夫を施してくれました。

 

きれいに出来上がったサンプルたちを眺めていると、

当時、企画スタッフだった太田さんが、

「ドーナツみたい!ドーナツにしちゃおう!」と

本物のドーナツのようなパッケージをつくってくれました。

 

「たくさんのママたちに届けたい!」と言うと、

生産部の加藤部長が、職人さんや工場さんへ手配して

発売日には、お店にたくさん納品することができました。

 

 

1つの商品が生み出されるには、

たくさんの人の協力があって、できています。

 

 

会社に属していると、

一人じゃ何もできない。

このチームだから実現できている!

と思うことがほぼ毎日なんです。

 

 

プロとして、高い意識で仕事をしているリシュラスタッフを

同じ仲間としてとても尊敬していますし、毎日、感謝でいっぱいです*

 

 

「こんなの欲しいな」

 

 

どんなに小さな声でも、

どうにかできないかな、と考えて

今日もモノ作りに励んでいます*

 

 

 

モノ作りの原動力

いかがでしたでしょうか。

今やリピート率ナンバー1の

ドーナツスタイも、たくさんのお客様にご協力いただき、

たくさんのスタッフが関わって、形になっています。

 

 

リシュマムには、

そんな心のこもったオリジナル商品がたくさんあります。

 

 

生みの苦しさももちろんありますが、

「使ってます!便利なので2個目を買いに来ました!」

「プレゼントしたら毎日着けてくれてますよ」

なんて嬉しい声をいただくとき、

「よっしゃ!」と小さく…

いえ、大きくガッツポーズをして

明日への活力にしております*

 

 

 

今日も、

わが子への贈り物に、

大切なあの人への贈り物に、

 

リシュマムを思い出していただけますように*

 

 

 

 

きのした

企画
デザイナー きのした

山口県出身の広島育ち。
身長147cm。小走りで会社中を走り回る、ミニマムな企画室リーダーです。
結婚2年目、夫と2人でゆるりと暮らしています。
赤ちゃんが好き。リシュマムも大好き。
そして何よりも白米好き!

記事のカテゴリー

  • 「贈る」「祝う」のキホン

    出産祝い・一歳誕生日などの行事のマナーをご紹介します。

  • 商品こだわりメモ

    リシュマムのものづくりについて、リシュマムデザイナーの想いや工房スタッフのこだわりをお伝えします。

  • スタッフノート

    広島のリシュマム実店舗の情報や日々のコトを個性豊かなスタッフがお伝えします。

  • 子育て日記

    子どもとの新しい毎日、新しい発見の日々をママライターがお伝えします。

  • みんなのidea post

    「こんな商品があったらいいな」みなさまから届いた声をご紹介。素敵なideaはリシュマムがかたちにします。

  • みんなのgood story

    日々の暮らしの中にある小さなgood story。みなさまから届いた心温まるgood storyをご紹介します。

記事のカレンダー

2022年8月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031