はじめてのお客さまへお伝えしたいこと


リシュマムについて

待望の赤ちゃんを迎え
幸せいっぱいのご家族へ



育児というのは
人生でほんのひとときの
限られた間でのできごとです。

赤ちゃんがはじめてたっちできた時、
はじめて迎える1歳のお誕生日。
赤ちゃんと共に過ごす、
かけがえのない時間。

たくさんの幸せに包まれて
すくすく育ちますように。

出産祝いや、誕生日ギフトなど、
リシュマムを通して出会えた
赤ちゃんとご家族へ。

私たちはずっと一緒に寄り添いながら
幼い頃の大切な思い出をはぐくむ
お手伝いをいたします。

ロゴに込めた想い

「おもいで はぐくむ」
それはリシュマムが一番大切にしていること。


このロゴマークは

『Lisumomの頭文字である“Lの文字”』

『親が子を優しく抱いているような
“寄り添い合う親子”』

『お子様が育っていく姿を象徴した
“成長するふたば”』

これらをモチーフにしています。

柔らかいフォントで書かれたLisumomの文字は
ハイハイをする赤ちゃんをイメージをしており、
ロゴマークとテキストを合わせて
幼いころのおもいではぐくむ様子を表現しています。

リシュマムの4つのこだわり

こだわり1

-企画-
ここでしか出会えない
オリジナル商品

リシュマムにはお客様の「こんなモノがあったらいいな」の声を
カタチにするための商品開発を行なう「企画開発部門」があります。

ママ・パパや赤ちゃん目線で
リシュマムオリジナルの商品を⽇々開発しています。

機能性、デザインすべてにこだわった商品は
多くの方にご愛用いただいています。

こだわり2

-生産-
1点1点心を込めた
手作りのぬくもり

オリジナル商品は全て国内にて、
100 名を超える⼿仕事職人さんのネットワークと地元の縫製工場の協力のもと、細かく打ち合わせをしながら1 点 1 点作っています。

手に取った⽅が笑顔になる姿を想像し、
ひと針ひと針にやさしい気持ちを込めて、商品を生み出しています。

こだわり3

-販売-
おもいでつくりのお手伝い

私達はお客様との繋がりを大切にしています。
今日ご来店いただいた方や、商品が届いた方に、
「来てよかったな」「なんだかあたたかい気持ちになったな」など、
嬉しい気持ちになっていただけるような商品・サービスを心がけています。

贈りものでお悩みのときはいつでもご相談ください。
スタッフが心を込めて“おもいで つくり”のお手伝いをさせていただきます。

こだわり4

-サービス-
長く使っていただくための
アフターケア

当店のオリジナル商品は長くご愛用いただき、心に残る商品作りを目指しています。
お買い上げいただきました商品に不具合がございましたら、無料でお直しいたします。
お直しについてのご相談はお気軽にご連絡ください。
(※経年変化による生地の痛みや、お客様の不注意による不具合の発生は有料にてお直しさせていただきます。)

実店舗紹介

リシュマム 実店舗
〒733-0833 広島市西区商工センター2-7-23 1階
TEL:082-276-0151 FAX:082-276-2026
OPEN:10:00~19:00 定休日:不定休



実店舗では《店内併設の工房で行う、当日名入れサービス》
を行っておりますので、名入れ商品の即日お渡しが可能です。

ONLINE SHOPに掲載のすべての商品を
ご試着・ご購入いただくことができます。

また、実店舗だけで出会える、手作り作家商品やセレクト商品など、
おもいではぐくむアイテムを幅広く取り扱いしております。

詳しくは、こちらをご覧ください。
>>リシュマム実店舗について | リシュマムブログ (lisur-s.com)

アクセスマップ
駐車場・おむつ替えスペースあります


  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

姉妹店紹介

贈りモノ雑貨店 LisuLisu リシュリシュ
〒730-0036 広島市中区袋町2-13
TEL:082-544-2633
OPEN:11:00~20:00 定休日:不定休



大切な人へ想いを伝える贈りモノ

ほんの気持ちの贈りモノから
特別な日の贈りモノまで
一つ一つ丁寧に。
心を込めた贈りモノをご提案します。

アクセスマップ


名入れのこだわり

名入れのこだわり

お名前はパパとママがお子様に贈る最初のプレゼント。 ひと文字ひと文字を大切に。

リュック誕生ストーリー

リュック誕生ストーリー

30万人のパパ&ママから選ばれた、「名入れベビーリュック」が生まれるまで。

ギフトラッピング

ギフトラッピング

開けた瞬間に感動してもらえるようなラッピングを心がけています。

1歳誕生日特集

1歳誕生日特集

はじめて迎える特別な日を思い出いっぱいの記念日に。