メニュー

ふじえファミリーのアドベントカレンダー①

ふじえファミリーのアドベントカレンダー①

新商品【アドベントカレンダー手作りキット】を
10歳と8歳のママスタッフふじえが子供と一緒に作ってみました♩

ふじえ
 2020.11.17

みなさまこんにちは、
リシュマム実店舗のふじえです*

おおたさんにつづき、わたしも一足早く
【アドベントカレンダー手作りキット】
を作らせていただきました^^

わが家には10歳の息子、8歳の娘がいるのですが、
アドベントカレンダー作りはお兄ちゃんがパパと映画を見に行っている間に、娘とゆっくり作ることにしました♩

さて、作ってみようか♩とキットを取り出し、
まずは「アドベントカレンダーってなぁに?」
というところからスタート*
説明が下手な私ですが、
娘に伝わったと信じて、さぁ、始めよう♩


まずはモチーフをひとつひとつ切るところから✂
わが家のハサミが少し切りにくかったので、娘には直線のパーツを担当してもらい、私はその他のパーツを担当*
ちょきちょきと切ったそばから
パーツを回収して配置を決めていく娘♩

「これはどこにしようかな♩」
「あっ♩サンタさんを早く切って♩」などなど、
彼女の頭の中で何やら物語があぁなったり、こうなったりしている様子(笑)
いつもはついつい余計なアドバイスをしてしまいそうになるのですが、今回はとにかく娘のやりたいように、思いついたまま*を大切にすることを心に決めていました*
そんな彼女の物語が全て決まったところで、
次はボンドでペタペタとパーツを貼りつけていきます。

ここで大切なのが、良かれと思って、次はこれかな?
とお手伝いをするのはいいけど、
配置を忘れてしまわないように、
ここのをとったよ!と声をかけること*
ですがしっかり者の娘には、
そんな心配は必要なかったようです^^

全てのパーツを貼りつけたら、次は私が唯一、
このアドベントカレンダーづくりで提案した“刺繍”です*
自粛期間中におばあちゃんとお留守番をしている時に
一度縫物を教えてもらっていたので、
刺繍にも挑戦できるんじゃないかな♩と思ったのです^^

娘に相談して「やってみたい!きっとできるよ♩」と良いお返事をいただけたので、
プレゼントのリボンや自分たちの名前をチャコペンで下書きして、いざ挑戦♩

何度かチクっとなりながらも、
一針一針とても丁寧に刺繍をしてくれました*
いいねいいね♩上手~!と、自信もついたところで、
ボタン付けも教えてみました♩

雪だるまさんにひとつずつボタンをつけて

完成♩

 

そして・・・アドベントカレンダーのポケットに入れたものはというと・・・*

 

(つづく・・・)

ふじえ

リシュマム本店
スタッフ ふじえ

広島市西区出身。
9歳の息子、7歳の娘、夫と4人暮らし。
息子出産から6年のブランクを経て、再びリシュマムスタッフに。
カフェオレ、アイスに癒されつつ、日々子育て、自分育てに奮闘中♩

記事のカテゴリー

  • 「贈る」「祝う」のキホン

    出産祝い・一歳誕生日などの行事のマナーをご紹介します。

  • 商品こだわりメモ

    リシュマムのものづくりについて、リシュマムデザイナーの想いや工房スタッフのこだわりをお伝えします。

  • スタッフノート

    広島のリシュマム実店舗の情報や日々のコトを個性豊かなスタッフがお伝えします。

  • 子育て日記

    子どもとの新しい毎日、新しい発見の日々をママライターがお伝えします。

  • みんなのidea post

    「こんな商品があったらいいな」みなさまから届いた声をご紹介。素敵なideaはリシュマムがかたちにします。

  • みんなのgood story

    日々の暮らしの中にある小さなgood story。みなさまから届いた心温まるgood storyをご紹介します。

記事のカレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031